バズリズムに星野源が出演!SUNの歌詞の意味が壮絶だった!wiki風プロフィールや略歴は?

ちょんまげ芸能ボックス 336×280 2月2日 警告来て移動済

9月30日(金)24:30~放送の「バズリズム」に

星野源さんが出演します。

星野源さんのwiki風プロフィールや略歴、SUNの歌詞の深い意味ついてまとめました。

それではさっそく参りましょう。

星野源のwiki風プロフィール

gen_hoshino 出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%98%9F%E9%87%8E%E6%BA%90

本名:  星野 源 (ほしの げん)

生年月日:1981年1月28日

年齢:  35歳

出身:  埼玉県蕨市(わらびし)

THE 住宅街というような場所で住宅以外は何もないような場所でした。

身長:  168cm

血液型: AB型

血液型がABだとは思いませんでした。A型っぽい雰囲気を出しているのになあ。

職業:俳優、シンガーソングライター、文筆家

歌手かと思っていたら俳優とかもされているそうです。

それに文筆家ということで、本や文章を書く仕事もされているそう。

1つではなく、たくさんの職種で仕事をするのは憧れますね~。

星野源の略歴

tumblr_mo4v138rhp1rpvx6uo2_1280

出典:http://yuyuda.tumblr.com/post/52550949448

埼玉県蕨市で生まれ育ちました。

本人曰く、「まわりに何もなく、住宅と赤ちょうちんしかない場所で育った」らしいです。

赤ちょうちんって一体何なんでしょうかね。私が思うに屋台かな~と。

「蕨市」で調べていくと中仙道蕨宿という提灯がぶら下がった木造のオシャレな建物を

見つけたんですが、どう見ても白いちょうちんで星野さんの言うものと違うだろうなと

言う感じでした。星野さんが育った頃はきっと赤ちょうちんをぶら下げた屋台が

沢山あったのでしょうね。

小学校でははじけすぎていてクラスから嫌われる存在になってしまったそうです(笑)

これ、普通は逆ですよね。

だいたいクラスで発言力を持つ人というのは元気が良くてとにかくうるさい人ですよね。

それなのになぜか星野さんはうるさすぎて嫌われてしまったそうです。

実際はけっこうへこんだそうで、当時大好きだったマイケル・ジャクソンから

元気をもらっていたそうです。

もしかすると、このうるさくて嫌われてしまった小学生時代があったからこそ、

マイケル・ジャクソンの音楽にも出会い、

現在の歌手としての星野源さんが存在するのではないでしょうか。

星野源のSUNの歌詞が壮絶!意味が深すぎた

星野源さんと言えば、SUNですよね。

星野さんは俳優や文筆家もしているそうですが、私のイメージでは完全にSUNの歌手です。

SUNを歌うために生まれて来たなんて行ったら本人に失礼かどうかもわからないですけど

それだけ星野さんのSUNは魅力的だということです。

本人が歌っている動画を見つけました。

星野源さん曰く、

壊れそうになりながらも必死に生きる人々が、

全てを忘れ楽しく踊りまくる姿を想像しながら作りました。

出典:http://king06.com/archives/1196

だそうです。

意外ですね。あんなに楽しげな歌なのに頑張っている人をテーアに作った歌だったとは。

個人的には、軽快な歌の雰囲気からはそんなことは微塵も感じられませんでした。

また次のようにもおっしゃってます。

日常の厳しさとか、それ受け入れて進んでいこうっていう事って、

もう初期装備なんじゃないかと。

あえて言わなくても皆頑張って生きてるぞと。

自分が倒れたこともあって、もう確信に変わったんですね。

出典:http://king06.com/archives/1196

ここで言っているのは、頑張っていない人は1人もいないし、

皆それぞれ問題を抱えているけど、それはしょうがないということですね。

1人1人が違う日常の厳しさを味わっているわけだけれど、

その辛いのは最初から持っているものと同じでくよくよ悩んだ所で仕方がないよね。

という意味ですね。

cached

出典:http://by-s.me/article/226590082704638122

星野源さん自身も命が関わるほどの闘病生活がありましたけど、自分よりもひどい人もいるし

まして「こんな病気にかかってなんて自分は不幸なんだ」なんて思わないということです。

確かにこれには私も同感ですね。

むしろ私は不幸な出来事とかが起こった時に、「この不幸は自分にしかないものだから、これを乗り越えたら他の人よりも成長できて1段上のステージに行ける!」と思っています。

そういう意味では辛いことにも楽しんで向き合っていますね。

このSUNという歌もそういう前向きに取り組もうよという歌なのかもしれませんね。

そして、死の危険性があるなかで星野源さんはこう考えたといいます。

もう否応なく明るい、何の理由もない生命力って何だろうって思った時に、

それは太陽だったんですよ。

出典:http://king06.com/archives/1196

死ぬかもしれないという闘病生活の中で、

とにかく明るくて生命力に溢れた存在はなんだろうと考えた結果、

それは太陽であったということですね。

そんなに深い意味でSUNというタイトルがついているなんてびっくりです。

普通は「君は僕にとっての太陽だ」とか「夏は太陽が眩しいから君と海ではしゃぎたい」とか

そういう歌詞の歌が太陽を連想させますが、それらがとても安っぽく感じてしまいますね。

ここまで壮絶な人生から「SUN」という歌を作った人って他にいないんじゃないかな。

「俺達は1人だろこの野郎!」っていうのはもう終わったというか、

それはもう良いじゃないかと。

「一人だからこそ手を取り合っていこうよ」っていう段階に

自分も来れたんだと思うんですよね。

だから<君の声を聴かせて>っていう。

必要なんだ、もう分かったから一緒にいようっていう、

ただそういう感じなんですよね。

出典:http://king06.com/archives/1196

辛い事とも前向きに向き合おうということで、自分だけこういう目にあって孤独だと

考えるのではなく、違う痛みだけれども手を取り合って乗り越えていこうよ

という意味でした。

あの軽快でポップな歌の雰囲気からすると全く想像できませんが、

こういう意味だったんですね~。

まとめ

今回はバズリズム星野源さんが出演するということで

SUNの歌詞の意味を中心にまとめてみました。

バズリズムは9月30日(金)24:30~放送ということなので、ぜひお見逃しなく。

放送がとても楽しみだなあ。

今後の星野源さんの活躍に期待していきましょう!

スポンサーリンク
ちょんまげ芸能BOX 336×280
ちょんまげ芸能BOX 336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
ちょんまげ芸能BOX 336×280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です