丸高愛実の口臭は?行列のできる法律相談所に出演!

ちょんまげ芸能ボックス 336×280 2月2日 警告来て移動済

こんにちは。ちょんまげです。

4月9日(日)19:00~放送の「行列のできる法律相談所」に丸高愛実さんが出演するそうです。

丸高愛実さんはエイベックス初のグラビアアイドルなんだとか・・・。「それって凄いの?」なんて疑問を頭に浮かべてしまったのは果たしてちょんまげだけではないはず。しかし言い方を変えれば、創設から39年近く音楽だけを売りしてきた会社がグラビア界にも事業の手を伸ばしてみようと決心させたのが丸高愛実さんである、そう考えればたしかに凄いともうなずける。

さぞかし絶世の美女なのであろうと勝手に脳内でイメージしているちょんまげであるが、関連キーワードに表示されるのは「口臭」や「」といった美女とは程遠いものばかりである。ちょんまげは青少年ながらも枕という言葉がどこぞやの安眠グッズを指しているわけではないことに気づいているが、健全なるこのサイトではあんまりお下品な話題はご遠慮願いたいものである。とか言いつつ、この話題を選び、タイトルをつけて執筆の手を動かしたのはまぎれもなく自分であったことに気付き、改めて自分のアホさを痛感する。

私の話はこれぐらいにし、今回はちょっとダークな印象も見受けられる丸高愛実さんという人物について迫っていきたい。

こんな調子でぼーっと考えながらちょんまげは丸高愛実さんについて見ていきます。

目次は以下の通り。

目次

丸高愛実のプロフィール

丸高愛実の口臭は?

それでは見ていきましょう。

丸高愛実のプロフィール

1

名前:   丸高 愛実 (まるたか まなみ)

愛称:   まなみん

出身:   東京都

生年月日: 1990年6月12日

年齢:   26歳(2017年4月現在)

血液型:  O型

職業:   タレント、グラビアアイドル

活動開始: 2009年

事務所:  エイベックス・ヴァンガード

いつもの調子で最初はプロフィールから書きあげるが、プロフィール自体需要が少ないのはちょんまげも薄々気づいていたりする。これをほんとに見てる人いるのかという疑問が毎回頭に浮かんでくるが、100人に1人くらいの割合でなら見てくれているのだろうと願いたいところだ。

プロフィールを書いていて「普通の人」感がハンパない。ちょんまげの中ではエイベックスの歴史を動かした超絶世美女という脳内妄想が先行していたわけではあるが、プロフィールを書き上げた今となっては「ただの普通の女の人」という印象が強いのだ。

受賞歴では、TOP OF GRAVURE とかいうグラビア界の賞も受賞しているようだが、なんだか安っぽくて胡散臭い名前の賞だなというのが率直な感想である。丸高愛実さんはこれで本当にグラビア界の逸材なのだろうかと感じてしまう。

そんな彼女だが、なんと既婚者であった。(グラビアアイドルで既婚者はナシだろう)とそんなことを考えつつも目に飛び込んできたのは意外な事実で、夫はサッカー選手柿谷曜一朗さんなんだとか。サッカーに詳しくはないので柿谷曜一朗という名前を聞いても全くピンと来ないのだが、サッカー選手と結婚したというのは素直に凄いと思う。美貌の他にも運のよさというか”何か”を持っている女性なんだと分かる。

wikiで見たプロフィール蘭には一番下に受賞歴で TOP OF GRAVURE とあったが、この先程の怪しい賞の名前を堂々と載せるより、旦那がサッカー選手であるということをプロフィール蘭にまず載せるべきである。しかしまあ最近はwiki先生も運営資金を募金という形で集めているので、プロフィールが残念な感じになってても致し方ないということなのだろう。

ここまで、たかがプロフィールを書き終えるまでに作文用紙4枚近くもの量の文章を書いてしまったことには自分でも驚きを隠せないが、駄文をずらずらと書き並べてしまったことに幾ばくかの焦りを感じないでもないので、さっさと本題の「」「口臭」といった話題について見ていくこととしよう。

丸高愛実の口臭は?

2

「丸高愛実の口臭は?」なんてタイトルから容易に想像できてしまうが、もちろんその通りで丸高愛実さんは口が臭いらしい。

以前にテレビかなにかでやっていたが何億とかいうレベルで口の中には細菌がいるんだとか。何十億だったか、何千万だったか詳しい数字は忘れたが数えることは不可能なレベルで口の中には細菌がいるらしい。そういうわけで、そもそも口臭がゼロの人間はおそらくこの世に存在しないだろうとちょんまげは思っているわけであるが、やはり「口臭」という単語を聞くとその詳細が気になるのも事実である。

事の発端は「世界一受けたい授業」というバラエティ番組にある。この番組は確か、過去にバラ色の人生を経験しながらも、自分の性格や考え方に問題があり転落人生を歩むことになるという実体験に基づくストーリーを交えて、そこから教訓を得ようというものであった。

この番組に出演するということは(丸高愛実さんは口臭が原因で転落人生を歩んでしまったのか?それは悲劇を通り越してもはや喜劇だ!)などと考えながらもこの年齢でこの番組に出るのは早すぎることに気づいて思い直す。

詳しく見てみると、その日の放送では口の中の細菌について特集したらしい。はてさて、「世界一受けたい授業」は口内の細菌なんかを特集する番組であっただろうかと考え、ちょんまげは別の番組とずっと勘違いしてしまっていたことに今さら気づいたが「時既に遅し」とはまったくもって便利な言葉で、このまま何事もなかったかのように文章を書き進めたいと思う。

話は戻るが、この『世界一受けたい授業』で口の中の細菌についての収録をした時に「こんな美女ならさぞかし口の中も綺麗だろう」「汚いバイ菌はいないだろう」ということで丸高愛実さんが被験者として運悪く選ばれてしまった。彼女は毎日歯磨きもしてるから大丈夫という軽い気持ちで承諾してしまったがそれが全ての不幸の始まり、といっては大袈裟だが今日に彼女の口臭に関する記事がネット上に溢れかえっている原因を作ってしまったのだ。

簡単な検査の結果、丸高愛実さんの口の中には悪玉菌が多く細菌の集まり(口内フローラ)も確認できたのだとか。この予想外の展開に対し、予防法や改善法を実践し「今ではお口もスッキリ!口臭も無くなりました!」的な感じで番組をまとめたが、視聴者には「こいつ口臭えのか」という強烈な印象が残ってしまった。

口臭がゼロの人はいないとは思うが、わざわざ番組で口内フローラがどうのこうのと専門的に取り上げてしまったらそりゃ口が臭い人というイメージが定着してしまうのは仕方がないと思う。というか営業妨害も甚だしい。それをネタに記事を書いてるお前が言うなという話ではあるが、皆さんも口の中を検査していいかと尋ねられた時は首を横に振っておくに越したことはない。

まとめ

1つの話題しか取り上げてないのにまとめもへったくれもあるか!と心の中では思ったのだが、一応様式美というものを大事にして今回の記事をまとめたい。

・丸高愛実さんは口が臭い!

我ながらに雑なまとめ方だとは思うがここまでで400字詰め原稿用紙7枚分に匹敵する文章を正座しながら休みなく打ち込んでいるのでそろそろ休憩を取らせていただくこととしよう。今回も最後は今日の一言で締める。

今日の一言:グラビアアイドルで口臭のイメージ着いたらもう終わりやろ。生きていける気がしない。

スポンサーリンク
ちょんまげ芸能BOX 336×280
ちょんまげ芸能BOX 336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
ちょんまげ芸能BOX 336×280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です