探検バクモンに宮城まり子!ねむの木学園の運動会が凄い!画像・動画あり!

ちょんまげ芸能ボックス 336×280 2月2日 警告来て移動済

11月2日(水)20:15~放送の「探検バクモン」に

ねむの木学園で先生をしている宮城まり子さんが出演します!

今回は、

宮城まり子のwiki風プロフィール

ねむの木村とは?

「ねむの木」ってそもそも何?

ねむの木学園とは?

ねむの木学園ではどんな授業をしている?

ねむの木学園の運動会が凄い!

についてまとめてみました。

それではちょんまげと一緒に見ていきましょう。

宮城まり子のwiki風プロフィール

yasu_miyagi_1  宮城まり子

出典:http://www.kyoto-np.co.jp/fukushi/column/yasu/080415.html

名前:  宮城 まり子 (みやぎ まりこ)

本名:  本目 眞理子 (ほんめ まりこ)

生年月日:1927年3月21日

年齢:  89歳

出身:  東京府蒲田 (東京都大田区のこと)

職業:  福祉事業家、歌手、女優、映画監督

以前は芸能界で歌手や女優をされていたそうです。

今は福祉事業家をしているそうです。

画像からは優しそうな普通のおばあちゃんという感じしかしませんが

これで福祉事業家というのですから凄いですよね~。

人は見た目によらないというのは、こういうことですね。

たぶん学園の園長ということで経営しているのでしょうが

89歳になっても行動力があるのは素晴らしいです。

ちょんまげも何歳になっても元気に活動する人になりたいです。

ねむの木村とは?

20071215-dsc00545

出典:http://www.numazu.to/sawayama/index.php?itemid=81

肢体不自由児療護施設ねむの木学園、学校法人特別支援学校ねむの木、身体障害者療護施設ねむの木・のどかな家吉行淳之介文学館ねむの木こども美術館(どんぐり・ねむの木緑の中)三軒のこどものお店喫茶MARIKO、の施設などを総称して「ねむの木村」という。

つまり、たくさんの施設やら建物やらが集まったものを

総称して「ねむの木村」と呼ぶそうです。

体の不自由な人のための学校が集まったのがねむの木村ということですね。

喫茶店とか美術館とかあって楽しげな雰囲気ですよね~。

ちょんまげは美術館めぐりが好きなので

機会があれば行ってみたいな~とか思うのですが、

ちょんまげのような一般人が入ってもいいのだろうかと

ちょっと抵抗がありますね~。

ねむの木学園は、ねむの木村にある療護施設の1つだそうですね。

schoolview  ねむの木村

出典:http://matome.naver.jp/odai/2136887918917284101/2136888382519051403

建物とかもオシャレな雰囲気なので、

村人が数十人で住んでいて~というような村っぽさはありませんね。

どちらかと言うと、ドイツ村のようなレジャー施設感のある

堅苦しくない雰囲気を醸し出しています。

こんな場所で伸び伸びと育ったら、天才児になれるような気がしてきます。

画家とかになれそう。

「ねむの木」ってそもそも何?

ねむの木というのは、もともと「眠る」という意味から来ているようです。

名前の由来は夜になると眠る木ということからネムの木なのだそう

しかし、ねむの木は正式には「合歓の木」と漢字で表します。

合歓の木はどういう意味かというと、「合い歓ぶ」ということで

これは男女が夜に愛し合う様を表しているそうです。

植物辞典なんかでは

名前の由来は、鳥の羽に似た葉が夜には、自然に閉じて木が眠ったように見えることから、

ネムノキという名がついたといいます。


また、漢名の合歓(ごうかん)は、夜になると葉と葉が閉じて合ったように見える様子から、

夫婦の合歓(ごうかん)から幸福にたとえたことからついた名だといいます。

と紹介されています。

ちょんまげは裏の意味にちょっとびっくりしたのですが、

でも、よくよく考えると平安とかの和歌を読んでた時代は、

暇を持て余していて何もすることがなかったので

そういうことを考えるのかなと思いました。

ねむの木学園とは?

ねむの木学園とは、ねむの木村の中にある肢体不自由児療護施設を指すそうです。

分かりやすく言えば、体の不自由な人のための学校ということです。

また、成人したこどもたちが引き続きここで生活し、教育を受けることができるようにと、肢体不自由児療護施設という新しい制度を国はもうけてくださいました。

どうやら成人してからも教育を受け続けることができる施設なんだそうです。

こうなってくると、学校というよりは生活施設ですね。

これなら学園の生徒さんも安心できるし

成長しながら生活していくことができますね。

ちょんまげは、成人してからも教育を受けられる

というのが新しいなと感じました。

普通の教育制度だと学校を卒業してしまうと

いきなり切り離されて、「はい社会で頑張ってー」と

突き放してしまうことになるのですが、

これなら安心ですよね。

学校という守ってくれる場所と、社会という自立していく場所を

緩やかにつなげてくれているあと感じました。

ねむの木学園の紹介動画もあるのでこちらも参考にどうぞ!

ねむの木学園ではどんな授業をしている?

ねむの木学園の授業は、芸術系の教育に力を入れているそうです。

ねむの木学園のホームページでは

感性と感受性を大切にすることで集中力を養う教育(集中感覚教育)は、

絵画・国語・工芸・音楽・茶道などにおいて特に成果が大きく

パリ市立近代美術館での美術展や、コーラスとダンスにおける

芸術祭賞の受賞などに結びついています。

と紹介されています。

パリで美術展をしているというのですから凄いですよね。

パリで美術展をやりたいと思う人はごまんといますからね。

なんかよく分からないのですが、世界的な賞も受賞してるようで

凄いとしかいえませんよね。

先ほど、天才児になれそう、画家になれそう、

なんて半分冗談で言いましたけど

本当にそういう実力がつくみたいですね。

また、

「だめな子なんかひとりもいない」、

これは学園長宮城まり子の叫びつづけている言葉でございます。
すべての人々に対し、その能力を生かし、

人として正しい生活を送ることができるようにするのが福祉ならば、

福祉は文化であり、文化は福祉にあると信じます。

ともホームページで紹介されています。

宮城まり子さん、やっぱり園長をされていたんですね~。

「だめな子なんか1人もいない」、

シンプルですが深い言葉ですよね。

福祉は文化であると考えているからこそ

賞を受賞したり、パリで美術展を開いてしまうような

子供を大きく成長させる授業を展開できるのでしょうね。

ねむの木学園の運動会が凄い!

ねむの木学園と検索すると、一緒についてくる言葉が「運動会」。

運動会が凄いようです!

で、どんな風に凄いのかというと、

全然運動会ではなくて、まるでミュージカルのような感じなんだそう。

もちろん走ったりする競技もあるそうで、

こちらはリレーですね。

Exif_JPEG_PICTURE

出典:http://sidediscus.exblog.jp/22516561/

実際に足を運んだ人の感想なんですが、

生徒さんの一生懸命さ、ひたむきさが見るものの心を打つのだそうです。

確かに最近の学校の運動会は、てきとーに臨んでいるひとが多い気がします。

女子なんて高校とかだと化粧が濃くて、

本気を出して走ることはダルいとかダサいとか、

そういう年頃ですからね。

ちょんまげが学生の時も、運動会の時のクラスの女子の化粧がやたら濃かった!

フェイスペイントやらボディペイントしてる子もいたし・・・。

今の時代では、運動会で一生懸命走ることですら

あまり見られない光景なのかもしれません。

ねむの木学園の運動会は、主に出し物がメインのようです。

こちらの動画を見るとだいたいイメージが伝わるかと思います。

歌とかダンスが多いようですね。

運動会というよりは学園祭に近いニュアンスです。

ちょんまげ的にはこっちの方が好きです↓

ねむの木学園のフェイスブックにも画像がたくさん載っていました。

1377363_402766723185912_227151305_n

出典:https://www.facebook.com/media/set/?set=a.402745123188072.1073741829.388683834594201&type=3

こちらは動画にも載っていたダンスですかね。

1378387_402767999852451_520357755_n

出典:https://www.facebook.com/media/set/?set=a.402745123188072.1073741829.388683834594201&type=3

楽しげな雰囲気ですね。

1385526_402768263185758_358024992_n

出典:https://www.facebook.com/media/set/?set=a.402745123188072.1073741829.388683834594201&type=3

1381948_402767809852470_825435557_n

出典:https://www.facebook.com/media/set/?set=a.402745123188072.1073741829.388683834594201&type=3

茶道を披露したりもするそうです。

運動会で茶道というととてもシュールな光景に思えますが

なんか様になってますよね。

全然違和感がありません。

1380617_402767239852527_877694533_n

出典:https://www.facebook.com/media/set/?set=a.402745123188072.1073741829.388683834594201&type=3

ちょんまげとしては、これが1番ツボでした。

なぜか土や石を運ぶための猫車の上に乗せられ、

しかもそれを押しているのがなんとコックさん(笑)

これはどんなコンセプトの出し物なんだろうと気になります。

あるいは競技の1つなのか・・・?

まとめ

今回は、11月2日(水)放送の「探検バクモン」に

宮城まり子さんが出演するということで、気になることをまとめてみました。

宮城まり子さんと言えば「ねむの木学園」ということで、

ねむの木学園を中心にまとめてみました。

探検バクモンではねむの木学園の運動会の様子も放送されるそうなので

気になる方はぜひお見逃しなく!

宮城まり子さんは御年89歳とご高齢ですが、今後も活躍が楽しみです!

スポンサーリンク
ちょんまげ芸能BOX 336×280
ちょんまげ芸能BOX 336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
ちょんまげ芸能BOX 336×280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です