森田まさのり(漫画家)がナカイの窓に出演!佐藤隆太との感動秘話とは?『ROOKIES』ドラマ化までの裏事情!

ちょんまげ芸能ボックス 336×280 2月2日 警告来て移動済

10月19日(水)23:59~放送の「ナカイの窓」は【漫画家スペシャル】です。

ゲストとして『ROOKIES』漫画家の森田まさのりさんが出演します。

今回は、

森田まさのりのwiki風プロフィール

佐藤隆太は漫画『ROOKIES』に出会い、役者を志す!

森田まさのりと佐藤隆太との感動秘話!『ROOKIES』ドラマ化までの裏事情!

についてまとめてみました。

それではさっそく見ていきましょう!

森田まさのりのwiki風プロフィール

1  森田まさのり

出典:http://www.pref.shiga.lg.jp/person/masanori_morita/

・名前:  森田 まさのり (もりた まさのり)

・本名:  森田 真法 (もりた まさのり)

漫画家の人は漢字(本名)だと読者に名前を知ってもらいにくいので、

あえてひらがなの分かりやすい名前を使うことがあるそうですね。

森田まさのりさんもきっとそうなんでしょうね。

・生年月日:1966年12月22日

・年齢:  49歳(2016年10月現在)

・出身:  滋賀県栗東市

血液型:  O型

・職業:  漫画家

・ジャンル:少年漫画

・代表作: 『ろくでなしBLUES』『ROOKIES』『べしゃり暮らし』など

・活動期間:1984年~

もう漫画家として活動を始めてから30年以上にもなるんですね。

私のようなそれほど働いていない人からすると、

同じ道で30年も働くというのはとても凄いなあと思います。

もう漫画に関して知らないことなんて一切無いんじゃないかなあ。

30年も続けていたら漫画を書くにあたって不可能なことなんて

何もないのではないでしょうか。

佐藤隆太は漫画『ROOKIES』に出会い、役者を志す!

tky200804290205  ROOKIES』との出会い

出典:http://www.asahi.com/komimi/TKY200804300107.html

ドラマ『ROOKIES』の主演・佐藤隆太さんは高校生の時(当時17歳)に

原作となる漫画『ROOKIES』に出会います。

佐藤隆太さんは漫画『ROOKIES』を読んで、

野球部監督の川藤先生を演じたいと強く思ったそうです。

漫画を読んでこの役を演じたいと思うなんて、高校生の時から

俳優としての意識や強い気持ちがあったんでしょうね。

私ちょんまげは隆太さんの役者魂にただただ感心してしまいます。

佐藤隆太さんは小学生の時から既に「10年後にテレビに出る」と

周囲の人に宣言しまくっていましたが、ちょうどその頃からの長い付き合いの

友人に後藤さんという男性がいます。

友人の後藤さんに漫画の『ROOKIES』を貸して、彼が読み終えると、

「隆太さ、川藤先生役をやれたら俳優やめてもいいでしょ?」

出典:http://www.narinari.com/Nd/2008018745.html

と口にしたといいます。

佐藤隆太さんは、心の中では川藤先生を演じたいと強く思っていたものの、

誰にも話してませんでした。

にもかかわらず、友人の後藤さんは、佐藤隆太さんが川藤先生を演じたいという事を

漫画『ROOKIES』を1回読んだだけで、ちゃんと理解してくれていたんですね。

もうここまで来ると、家族の人よりも隆太さんについて深く理解していますよね。

こんな友人が一人でもいたらとても楽しい人生になりそうだなーと思います。

口に出さなくても分かり合える関係って素敵ですよね。

どんなに仲が良くても高校でだいたい皆バラバラとなり、

大学まで進むと、昔から知っている顔はほとんどなくなりますからね~。

ちょんまげもなんでも分かり合える友人が欲しいものです。

その友人は

隆太が主演のドラマは想像できないけど『ルーキーズ』だったら想像できる

でも、お前に川藤先生はまだ早い!

出典:http://www.loc-rookies.com/shimatte.html

と言って、隆太さんを応援してくれたそうです。

なんかこういうのいいですよね~。

佐藤隆太さんは高校生の時からずっと『ROOKIES』がドラマ化した時に

川藤先生を演じたいと思っていたんですね~。

もう原作顔負けの良い話ですよね。

ちょんまげはもう既に目がうるうるしそうになっていてきています(笑)

森田まさのりと佐藤隆太との感動秘話!『ROOKIES』ドラマ化までの裏事情!

2049784_201503110716815001426054187c

出典:http://www.oricon.co.jp/news/2049784/full/

漫画『ROOKIES』に感銘を受け、高校生の時に

役者の道を本格的に歩んでいくことを決めたという佐藤隆太さん。

これだけでも十分凄い話なのですが、そんな隆太さんの姿勢に

心を強く打たれた人がいました。

それが漫画家であり、『ROOKIES』の生みの親である森田まさのりさんです。

佐藤隆太さんの「川藤幸一監督を演じたい!」という熱い思いが功を奏して、

森田まさのりさんとの対談が実現します。

この時はまだ『ROOKIES』はドラマ化されていませんし、

そういう話もまだ出ていないません。

それでも、いつかROOKIESがドラマ化した時は自分がやりたいという佐藤隆太さん。

その時の対談の様子が以下のとおりです。

(中略)

森田 隆太くんが、だんだん川藤に見えてきた(笑)。

隆太 !!!!!!!!!
ご本人を目の前にして言うのも恐縮ですが、やっぱり僕は『ルーキーズ』をぜひやりたいんです。
なので、もっと表現力を身につけて頑張って夢を貫いていきたい。
森田先生からいつか「君ならいいぞ!」という GO サインを頂けるように。

森田 僕の今のイメージには、隆太くんしかいないから。

隆太いやいや、そんな恐れ多いですよ。
まだまだです!

森田 漫画の中で言おうとしていたことが、ちゃんと伝わっていたのがすごい嬉しいよ。

出典:http://www.loc-rookies.com/shimatte.html

この対談をきっかけに、森田まさのりさんは佐藤隆太さんの熱い思いに

改めて心を打たれました。

そしてその後、大人気漫画の『ROOKIES』もすっかり有名になり、

ドラマ化をしないかというオファーが頻繁に来るようになります。

しかし森田まさのりさんは、

佐藤隆太さんが川藤幸一役を立派に演じられる年齢になるのを待ち、

オファーを全て断り続けていたそうなのです。

そしてようやく、ドラマ化のオファーを受けるという際に

佐藤隆太さんを川藤役に指名して『ROOKIES』のドラマ化が決定されました。

普通だったらこんなことってありえないですよね。

「ROOKIESが大好きなんです!演じたいんです!」という少年と

たったの1度、会って話しただけでここまでするなんて・・・。

森田まさのりさんも、川藤役は佐藤隆太さん以外には

考えられないと思っていたんでしょうね。

その後、佐藤隆太さんは『ROOKIES』のドラマ化決定とともに

自分が主演・川藤幸一役だということを告げられると

マネージャーと一緒に泣き崩れて喜んだといいます。

ちょんまげもこの話を聞いて、久しぶりに涙をポロポロこぼしました。

いい話ですよね。

最近のドラマや映画の告知なんかを見ていると

「老若男女楽しめます」とか「涙あり、笑いありの感動のストーリーです」

などと宣伝していて、それを聞くたびに

なんて安っぽい言葉なんだろう・・・

と思ってしまうのですが、

こういうドラマ化が決定されるまでに、裏では壮絶な物語があると

ぜひ見たいなと思いますよね。

佐藤隆太さん、本当にはまり役でしたもんね。

佐藤隆太さんのような人に演じられたからこそ、

ドラマ『ROOKIES』は成功を収めることができたのではないでしょうか。

まとめ

漫画家の森田まさのりさんが10月19日放送の「ナカイの窓 漫画家SP」に

ゲストとして出演するということで、

佐藤隆太さんとの感動秘話についてまとめてみました。

ちょんまげは久しぶりに心が温まりました。

なんだかとても心がほっとしたので今夜はぐっすり眠れそうです(笑)

良い話を聞くことができて良かったです。

現在もバリバリ少年漫画を描いている森田まさのりさん!

今後も素晴らしい漫画に期待していきましょう!

スポンサーリンク
ちょんまげ芸能BOX 336×280
ちょんまげ芸能BOX 336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
ちょんまげ芸能BOX 336×280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です